茶々日記  裏千家茶道教室【潮鼓庵】assistant manager

ひよっこ茶人が茶の湯に関するあれこれを思いつくまま綴って参ります。 日々のお稽古、お茶事、呈茶、陶芸、茶杓削りなどなど。 時には脱線しちゃうかも・・・

青年講習会

週末青年講習会へ行って参りました。
年に一度、青年部の会員の為に京都の教場を解放してくださり
業躰先生から直接指導して頂けるめったにない機会です。
業躰先生というのは家元の代わりに教えてくださる、先生の先生とでも言いましょうか、
職業茶人の先生方です。
LTはこの青年講習会が研修の一環になっており、強制的に参加させられたのですが
終わってみるとすごく勉強になり有意義な4日間でした。
講習の様子などは裏千家のHPで見てくださいね〜(じきにUPされると思います)

行く前はお点前の手順なども心配でしたが、何より正座が苦手でどうしようかと・・・
でも開講式の時のお家元様の
『足が痛かったらくずしたらええ。足が痛くて先生の話が聞こえないなんてことのないように』
というお優しいお言葉を良いことに、陰でしっかり崩させて頂きました
それでも膝や足の甲は真っ赤になり、バンテリン大活躍でしたが。

勿論、失敗もしましたよ〜
初日の2番目にお点前をさせて頂いたのですが、やっぱり緊張していたんでしょうね〜。
濃茶をこぼし『やばっ!茶入れの蓋についちゃった〜』と思ったあたりから思考能力が低下して
茶入れに入っていたお茶を全部廻し出してしまい
お茶だけで茶碗一杯に
どうやら茶入れには山盛り一杯お茶が入れてあったようで
冷静ならお茶の量で判断できるはずが、全部ださなきゃ〜!っていう焦りで
全然茶碗の中を見てませんでした。
急遽お客様を増やしてお茶を練ったのですが、お茶だけで茶碗一杯ですからお湯が入らない!結局どろどろのお茶をさらに畳みにこぼし、慌てて水谷さんを呼ぶ始末
緊張すると普段では考えられないような失敗をするものですね。

それ以降は他の先生方も『茶入れには沢山お茶が入ってますから』と事前に注意されてました。講師室で話題になったのかしら?恥ずかしい〜
後で、私一人で5000円分位はお茶使ったね〜と笑いました。

青年講習会は一度しか行かれないのですが、また行きたいなぁ
先生からお話を頂いたり、チャンスがあったら是非行かれることをオススメします
  1. 2007.07.17 Tue 13:56:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ガラス茶碗作成!

日曜日、久々の青年部の講習でガラス茶碗を作成しました。

ガラス工芸といっても『ふ〜ふ〜』鞴を吹いて形を作るのでなく、
サンドブラストという技法で砂を吹き付けて茶碗に彫刻するほうです。

好きな柄をシールにコピーして茶碗に貼り、余分な部分をカッターで削っていきます。
みんな真剣




私が選んだのは楓の柄。
細かい柄なのでちょっと面倒〜。
昔から不器用なくせに野望だけはすごいタイプなので
中学時代も木箱の彫刻に鳳凰を描いて出来ず
ほぼすべてを祖父に作って貰った過去があります
棗の蒔絵の悪夢もよみがえったりして・・・(桜の花びらを豚の足跡と言われた

無事シールを切り出すと次は機械で砂を吹きつけ余分な部分を削ります。
全部削るとピンクになる茶碗を選んだのですが
少しムラに残し、紫からピンクへのグラデーションにしてみました。
初めてにしてはなかなかの出来ばえでしょ?


お茶を入れるとこんな感じ

思った以上の完成度で大満足
次は棗とか菓子器とかも作りたい〜
野望は膨らむ

社中のみなさんの作品。色とりどりで綺麗どれが誰のでしょう?
同じ茶碗でも柄や削る分量でだいぶ感じが違うんですよ〜。

夏の朝茶事の時に使わせて頂けたら良いですね
  1. 2007.07.09 Mon 10:00:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大茶盛

6月30日同門会のお茶会がありました。


6月30日は夏越祓の日ですので
半年分の穢れを清め、新たな福を呼び込もうと言うことで
お菓子は夏越祓の時に食べるという『水無月』(俵屋吉富)を
釜に大亀老師の『招福釜』、そしてみんなでその福を分け合う
大きな茶碗『大茶盛』でお茶会を致しました。
顔がすっぽり隠れてしまうような大きな茶碗
直径は約30cmくらいでしょうか。

大きな茶碗で誰が飲んでるかわからないでしょ

有名な西大寺さんの大茶盛は、茶碗だけでなくすべての道具が大きいそうですが
(棗も巨大水指が水瓶のようでした
我が家では茶碗・茶杓は手作り
棗の代わりに茶いれをしまっておく挽屋に蒔絵をほどこして使用しました。

茶筌立派でしょう?
ネットを駆使してやっと注文できたものです。
なかなかこれだけ大きな茶筌を作れる方も少ないようで
(大きな竹を持っているかどうかもあるみたい)
高山の茶筌協会で紹介いただきました。
次回大茶盛をする時には作れるかしら?
この茶筌で『ばっしゃ、ばっしゃ』とお茶を点てる度に
おお〜っと歓声があがっていました
梅雨はどこへ行ったのかという暑い日だったので、涼しさの演出にも良かったようです。

今回のお茶会でデビューされた5名様










初めてのお茶会でお点前まで披露されたお二人お疲れ様でした。
6月の稽古は1年分位の充実っぷりでしたね

お水屋の皆さんはクーラーが効かず暑い中大変でしたね〜。
あせもとかになってないと良いけど



皆さんのおかげで無事茶会を終えることができました。
それにしても撤収の早いこと早いこと。
先に終わったはずの濃茶席より先に帰ってました
特注の茶筌を駐車場に忘れて来たのはご愛嬌
無事取りに行ってきましたのでご安心を。


皆さん暑い中お疲れ様でした。
また次回の茶会もみんなで頑張りましょう(まだ予定はありませんが
まずは夏の朝茶事ですね
  1. 2007.07.02 Mon 14:35:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 
トップへ

プロフィール

chacha

ニックネーム:chacha
自己紹介:茶道裏千家準教授。1st-degree Instructor
潮鼓庵にて茶道修業中。
お茶は好きだが、正座が苦手・・・

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

人気記事ランキング

第1位
最も人気のある記事

四畳半台目

今週のお稽古は台目席で。 足運び&太鼓襖に四苦八...続き
第2位
最も人気のある記事

御礼状

最後に御礼状を書いて研修は終了です。 参考ま...続き
第3位
最も人気のある記事

稽古始め

下の甥っ子が6歳になりましたので6月6日稽古始めを...続き
第4位
最も人気のある記事

御園棚

今日は週末の桜祭りにそなえて御園棚のお稽古です。 ...続き
第5位
最も人気のある記事

茶懐石

茶懐石のお教室に行ってきました〜。 以前も通って...続き
第6位
最も人気のある記事

茶花

茶花をいただきました。 『梅花空木』 『...続き
第7位
最も人気のある記事

納めの茶会

昨日、川崎大師での納めの茶会へ行ってきました。 ...続き
第8位
最も人気のある記事

茶筅供養

昨年の事になってしまいましたが・・・ 茶筅供養の...続き
第9位
最も人気のある記事

お茶会

4/29毎年恒例の親戚のお茶会に行ってきました。 ...続き
第10位
最も人気のある記事

茶花勉強会

千代田青年部との合同で茶花勉強会がありました。 ...続き

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約