茶々日記  裏千家茶道教室【潮鼓庵】assistant manager

ひよっこ茶人が茶の湯に関するあれこれを思いつくまま綴って参ります。 日々のお稽古、お茶事、呈茶、陶芸、茶杓削りなどなど。 時には脱線しちゃうかも・・・

新内節

土曜日は稽古もそこそこにみんなで新内節を聞きに行きました。

新内節とは浄瑠璃の一流派ということはご案内の時に書きましたが
今回、もう少し詳しく説明してくださったので覚えていることをまとめると・・・
風紀を乱すということで幕府によって心中物が禁止され、宮古路豊後掾が江戸所払いとなった後
残った門弟たちは分派しながら芸を続けていたが
門人の一人鶴賀新内が非常な美声の持ち主で人気をはくし
人々が『新内を聞きに行こう』『新内を聞きに』と言っているうちに
いつしか他の流派のことも『新内』といわれるようになった
という事のようです(間違ってたらごめんなさい

この日は現存する新内曲の中で最も古い『明烏夢泡雪』と
樋口一葉の『十三夜』を聞かせて頂きました。
が、邦楽に慣れてない私には何を言っているのかよくわからず
『明烏夢泡雪』はほとんど子守唄
最初に、物語を理解するという聞き方もあるし、音楽として聞いても良い
と言われたので、三味線と美声の音楽を楽しんでまいりました

ただ、事前にあらすじ位予習しておけば良かったと思ったので
今更ですが・・・
舞台は新吉原遊廓の山名屋、張見世も終わる頃。
春雨の音に時次郎と浦里は目を覚まし、寝床の上に起上がった浦里は乱れた鬢の髪をなで上げながら、
自分のために追い詰められた時次郎へ労りの言葉をかけ、時次郎も浦里を労る男女の口説を交わします。
そして、こうなった上は独り死出の旅に出るが、後の回向を頼むと云う時次郎に、
死ぬときは一緒と、浦里は泣きながら縋りつきます。
時次郎と忍んでいる浦里の様子を、不審に思った遣り手のカヤに見つかって
遣り手に呼ばれてやって来た妓楼の亭主に浦里は引っ立てられ、
時次郎は山名屋の若い衆らに散々に叩きのめされ通用口から雪の降る外へ放り出されてしまい・・・

若い衆に叩きのめされた辺りは聞こえたかも・・・
  1. 2013.10.27 Sun 22:39:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<茶懐石 | ホーム | 引っ越します>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

 
トップへ

プロフィール

chacha

ニックネーム:chacha
自己紹介:茶道裏千家準教授。1st-degree Instructor
潮鼓庵にて茶道修業中。
お茶は好きだが、正座が苦手・・・

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

人気記事ランキング

第1位
最も人気のある記事

茶懐石

茶懐石のお教室に行ってきました〜。 以前も通って...続き
第2位
最も人気のある記事

納めの茶会

昨日、川崎大師での納めの茶会へ行ってきました。 ...続き
第3位
最も人気のある記事

切腹最中

営業マンがお詫びの手土産にすると噂の切腹最中いただ...続き
第4位
最も人気のある記事

水沢腹堅

暦では『大寒』七十二候『水沢腹堅(さわみずこおりつ...続き
第5位
最も人気のある記事

社中懇親茶会

最強寒波が襲来する中、社中の懇親茶会をいたしました...続き
第6位
最も人気のある記事

茶会準備

いよいよ茶会まであと1ヶ月となりました。 準備も...続き
第7位
最も人気のある記事

大福茶

今日は初稽古という事もあり、大福茶をお出ししました...続き
第8位
最も人気のある記事

日枝神社献茶式

昨日は赤坂の日枝神社で献茶式が行われました。 ...続き
第9位
最も人気のある記事

川崎大師供茶式

今年も川崎大師の供茶式に行ってきました 今回はL...続き
第10位
最も人気のある記事

大阪では・・・

先生が入院したり、仕事が忙しくて更新が滞っておりま...続き

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約